電気代の平均はいくら?世帯人数とパターンで紹介します。

自宅の電気代が高いと考えたことはありませんか?もし考えたことがある場合は、
一度比較してみるのが効果的かと思われます。

はたして今の電気代は高いのか安いのか?パターンごとに見ていきましょう。

世帯人数別の電気代

総務省の過去の調査としては、電気代は世帯人数別で下記のようになります。

1人 5000〜6000円
2人 9000〜10000円
3人 10000〜11000円
4人 11000〜12000円
5人 12000〜13000円
6人以上 14000〜16000円

シンプルに人数が増えれば増える程に
電気代は高くなる傾向があります。

参照:http://www.stat.go.jp/data/kakei/index.html

春夏秋冬で電気代は変動

先に記載した電気代は平均価格となります。
そのため季節によっては大きな差があります。

例えば、夏と冬です。

これらの季節は電気代の使用量が増えるため
電気代が高くなります。

特に、電気が必要な地域の電気代は高くなる傾向になります。

平均、夏冬は春秋プラス3000円相場と考えておきましょう。

家族が多い場合のすぐ出来る節電する方法

以前の記事でも説明しておりますが、すぐに対策出来る節電方法はたくさんあります。

家族3名以上の場合は、複数の別れた部屋でエアコンをつけると電気代が非常に高くなります。

なので、暖房や冷房を一つの部屋だけに集中させるなどが方法となります。

その他には、家電を省エネのモノに切り替えるなどなどになります。

てっとり早く電気代を安くする方法

上記で節電方法を記載しましたが、シンプルに
安い電力会社を変更することが1番インパクトある節電に繋がります。

確認方法は、比較サイトやシュミレーションを活用して現在から切り替えた場合の価格差を確認することです。

例えば、それが1ヶ月あたり1000円違うだけで
年間で1.2万円の節約になります。

それが継続していくとなると大きな節約になりますので、是非試してみてください。

まとめ

ご自身の電気代は高かったでしょうか?安かったでしょうか?

もし高い場合はすぐに節約ポイントを試してみてください。

もうすでに節約ポイントを試している場合は、電気代の切り替えを検討してみるのはいかがでしようか?

当社、名古屋電力では料金シュミレーションツールがございます。

切り替える前に電力比較をすることができて、
ご納得の価格で切り替えが可能です。

電気代が高いと感じる方やすでに安いがさらに安く!と考える方は是非一度試してみてください。

名古屋電力料金シミュレーション