自動車保険の基礎知識

電動キックボードの自賠責保険/任意保険の比較一覧

現在は「原付バイク」の自賠責保険料が適用されている

都心部を中心に乗り捨てできるシェアリングサービスとしても普及しつつある電動キックボード。

チョイノリできるのでとても便利ですが、法律を守って安全に乗るためには、最低限のルールがあります。

電動キックボードの自賠責保険

まだ登場してから数年と歴史の浅いキックボードですが、徐々に法整備が整ってきています。

電動キックボードは「原付バイク」扱いなので自賠責保険加入は必須

電動キックボードは、道路交通法上では「原動機付自転車(原付バイク)」の扱いです。

原付バイクが自賠責保険の加入が必須であるのと同様に、電動キックボードも自賠責保険の加入が必須です。自賠責保険は強制保険のため、「入らない」という選択肢はありません。絶対に入るしかありません。

なおナンバープレート取得・設置も義務です。自賠責保険の加入、ナンバープレートの設置で、はじめて公道を走れるようになります。

電動キックボードの自賠責保険の保険料/2023年まで

上述の通り、電動キックボードは「原動機付自転車(原付バイク)」と同じ扱いなので、原付バイクの自賠責保険料が適用されます。

損害保険料率算出機構の2021年1月届出の自賠責保険基準料金表に基づいて、2022年の保険料が定められています。

1年間2年間3年間4年間5年間
総額の保険料7,070円8,850円10,590円12,300円13,980円
1年あたり7,070円4,425円3,530円3,075円2,796円

自賠責保険は、国が保険料を一律で決めている為、どの保険会社・代理店から申し込んでも保険料は変わりません。

3年間や5年間で契約すると、1年あたりの保険料がぐっと安くなるのでお得ですが、今からのタイミングでは1年間単位での契約がいいでしょう。

その理由は、2024年から「電動キックボード専用の自賠責保険」が設定される見通しだからです。

電動キックボードの自賠責保険の保険料/2024年から

現在の自賠責保険料よりも安くなる可能性があります。

2022年4月19日、道路交通法改正案が可決され、結果的に規制緩和されることになりました。

最高速度が20km/h以下で、一定要件を満たす電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」という新しい車両区分になります。

つまりこれまでは「原付バイク」として扱われてきましたが、2024年以降は「電動キックボード」として扱われるようになるということです。

まだ正確な保険料は決定しませんが、いずれ自賠責保険基準料率表が更新され、電動キックボード専用の自賠責保険料が公開されることでしょう。

自賠責保険の備え付け・掲示の電子化解禁へ

車やバイクとは違い、電動キックボードは収納スペースなどが限りなく制限されるために、自賠責保険の証明書を「紙」で携行することが難しいです。

そのために国土交通省は、電子化を解禁。とても簡単にいうと「スマホなどからデジタルの形でも持ってればいいよ。必要な時はスマホから証明書見せてね。」ってことです。

2023年2月末に公布、6月1日に施行予定です。

自賠責保険証明書のデジタル化OKの流れは、電動キックボードを皮切りに、車やバイクなどにも今後広がっていくことも十分に考えられます。

 

電動キックボードの任意保険

自賠責保険は強制保険なので、必ず加入しなければなりません。一方で任意保険はその名の通り「任意」なので、加入するかどうかは自由です。

ただし一般的なクルマやバイクと同じように、万が一事故を起こしてしまった際に自賠責保険だけではカバーできない可能性があるので、任意保険にも加入しておく方がよいです。

電動キックボードに対応している任意保険の比較一覧

繰り返しになりますが、2022年現在は「電動キックボード=原付バイク」という扱いなので、任意保険も原付バイクのプランに加入することで対応します。

それとは別に、「電動キックボード専用」の任意保険を提供している損害保険会社もあります。

損害保険会社保険名補償内容年間保険料
三井住友海上火災保険電動キックスクーター向け自動車保険プランA対人・対物:無制限
搭乗者傷害:200万円
全年齢:53,370円
21歳以上:23,900円
電動キックスクーター向け自動車保険プランB対人・対物:無制限
搭乗者傷害:なし
全年齢:45,680円
21歳以上:16,600円

現在だとまだ数は少なく、確認できたのは三井住友海上の電動キックスクーター向け自動車保険のみでした。

上述した法改正が施行され「特定小型原動機付自転車」として扱われる2024年以降は、各損害保険会社から電動キックボード専用の保険プランが提供されることでしょう。

 

まとめ

  • 現在は「原付バイク」の自賠責保険料が適用される
  • 2024年以降は、電動キックボード専用の扱いになる
  • 自賠責保険料は安くなる可能性がある

ということです。

2024年までは原付バイク扱いなので、自動車保険見積もりキャンペーンなどを活用して、安い保険会社・プランを見つけていく必要があります。

 

コメント